せどりで稼ぐためには資格は必要か

事業の内容によっては、資格が必要な事があります。分かりやすい例は、医療の仕事です。せどりというWEBビジネスも、実は資格が必要なケースもあります。ただし事業の規模によっては、資格は不要です。

専門的な資格が必要な仕事

冒頭で触れた医療の仕事などは、ほぼ確実に資格が必要です。例えば医者の方々は、必ず医師の免許を持っているでしょう。仕事の責任は非常に重いですし、やはり専門資格は求められます。またナースとして働く方々も、看護師の資格が必要です。
何も医療関連の仕事だけではありません。専門性が高い仕事の場合、どうしても資格は必要なのです。資格が必要な仕事の場合、ややハードルは高いと感じられる事もあります。

せどりは資格は必要か

ところで多くの方々は、せどりというビジネスに注目しています。店舗などで品物を仕入れて、WEBの倉庫サービスで売っている方も少なくありません。
そのビジネスに関心がある方は、上述の資格を気にしている事もあります。せどりでお金を稼ぐためには、何か資格が必要なのか気になってしまう事もあるでしょう。
結論を申し上げると、確かに資格が必要なケースもあります。大きなお金を動かす時などは、古物商の免許を取っておく必要があります。

古物商の資格は必要

せどりは、ある意味買取業に似ている一面があります。来店客が持ち込んでくれる品物を買い取って、自分のお店で販売するケースも少なくありません。せどりの場合は、自分のお店で品物を買い取る訳ではありませんが、「安く買って高く売る」事になります。その仕組み上、やや買取店に似ているという声もあります。
ところで買取という事業を営む場合、上述の古物商に関する免許を取っておかなければなりません。免許がない状態で事業を営んでしまうと、トラブルになってしまう可能性があるからです。
せどりも同様です。ある程度大きなお金を動かす場合、古物商の資格は取っておく方が良いでしょう。

規模によっては資格は不要

ただ冒頭でも触れた通り、それも規模に左右されるのです。確かに大きなお金を動かす時は、資格を取っておかなければなりません。
逆に、動かす金額があまり大きくない時は、わざわざ古物商の資格を取る必要はありません。例えばお小遣いを稼ぐために倉庫サービスで出品する程度なら、古物商の資格は不要です。しかし、せどり1本で生活資金を稼ぐぐらいの規模になると、資格は取っておく必要があります。
資格不要でお金を稼げるかどうかは、それこそ状況次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です