インフルエンサーとしての副業

最近では、テレビやラジオ、新聞よりもインターネット広告の方が投資金額が増えており、実際に投資金額もテレビよりもインターネットが追い越す時代になりました。 ですから、各企業がこぞって、WEBやSNSなどに注力していることはいうまでもありません。しかしながら、実際に制作するだけではなく、それをいかにターゲットに刺さるようにするのか、ここがポイントになってきます。例えば、WEBサイトでもいかにターゲットに対して訴求するのか、誘導をするのかは非常に大きなポイントです。 そこで副業としても注目されるのがブロガーであり、多くの登録者SNSを抱えるインフルエンサーというべき存在です。 このインフルエンサーは自分自身の発信を行うだけではなく、その発信によっていかに商品やサービスに誘導するのか、または販売に結びつけるのかといったところでその価値が変わってきます。もちろん、有力で影響力があるインフルエンサーにはそれなりの代償を払ってでも企業や代理店も記事を書いてもらうようになりつつあります。 例えば、最近ではYouTubeで多くの登録者を抱えているとします。ここに広告宣伝を差し込んだり、場合によっては動画の中で紹介したり、試食したり、体験することによって、話題になり、結果として販売に結びつくといったこともあるのが現在の実態です。 ここに至っては企業側も広告宣伝費の投下配分をこうしたインフルエンサーに振り分けることに対してまったく抵抗もないはずですし、むしろ効果が高いのであれば、既存メディアとは切り分けて投資するのではないかと思います。 こうしたインフルエンサーがより稼ぐことができる仕組みこそがアフィリエイトです。実際には上記のような活動をさすわけですが、副業としてアフィリエイトが注目されるようになったのはこうした理由があるからです。 これまで、なかなかこうしたところが収益にむすびつく事業モデルがなかったのが今や、モデルとして確立されるようになっています。いかにして、こうした継続した収益を生むことができるのか、副業として非常に注目される時代になりました。 実際にネット副業を考える場合、すでに何らかの基盤をもっているのであれば、こうしたアフィリエイトを生業にしてみるのもよいのではないかと思います。もちろん、ターゲットを絞り込む必要があるので特定分野に造詣が深いという条件、レベルアップが必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です