Youtuberで稼ぎたいならば動画のネタに関してマーケットを意識しよう

Youtuberはネットビジネスの中でも相当稼げるイメージを持っている人もいるでしょう。 確かに上位の人たちは相当な稼ぎだと思いますから、夢があるのはそうかもしれません。 しかし、Youtuberとして稼ぐのは本当に難しいので、ちゃんと考えたうえで取り組んでいかないといけないでしょう。 Youtuberで稼ぐのに最も必要なことは、動画のネタをどうするか?です。 そこをしっかりと考えられれば、稼ぐための条件をクリアしているに等しいと言えます。 動画のネタが重要というのは、マーケットをちゃんと考えるべきということで、マーケットが狭いと思われる動画のネタを扱っても厳しいということなのです。 分かりやすく言えば、多くが興味を示すネタはいいけれども、少数しか興味を示さないようなものは、再生数が伸びません。 Youtuberは再生数をいかに増やすかが重要ですから、たくさんの人に見てもらう必要があります。 そして、たくさんの人に見てもらうには、たくさんの人が興味を示す内容じゃないといけないのです。 だから、動画のネタはマーケットを意識した方が良いということになり、逆に言えばそれ以外の部分はそこまでこだわる必要はありません。 例えば、動画のクオリティを上げることが、再生数の増加につながるか?というと、そこまで重要ではないと言えます。 結果的に面白さが増すということはあれば、それは再生数につながる面は全くないとは言えないものの、結局のところは面白さを決めるのは動画のネタが最も重要であり、編集の仕方よりもそっちが重要なのです。 したがって、Youtuberとして活動していく中では継続的に動画投稿をしていかないといけませんけど、動画のネタをどうするか?という部分に時間を使った方が良いです。 専門的な内容にしない方が良いので、万人受けする内容というのが重要と言えますし、さらに言えば誰でも理解できる内容であることも重要です。 マーケットを意識して、多くの人が興味を示すネタにすることを毎日常に考え、そういった姿勢で動画を作っていきましょう。 編集によってクオリティを上げるというのは、できればなお良いですが、それは二の次という意識も持っておきましょう。 あくまっでも最初に考えるべきなのはネタの精度であって、そこに全力投球をし、余裕があれば他の部分にも気を配るくらいの感覚で良いと思います。 それを継続してやっていくと、少しでも収入が上がる可能性があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です